Follow by Email

Translate

Translate

2010年8月2日月曜日

7月31日 大門山 登頂





鷲ヶ岳を登った後、五箇山ICからブナオ峠を目指します。国道から10km、沢水を道路上から流すためのくぼんだ箇所が5か所ほどあり、スポーツカーはきついかも。舗装されており難無く峠に着きます。今もキャンプ場の標識が国道に出ており、昔は小屋やトイレもあった写真がネットに出ていますが跡かたもありません。
ゲートから徒歩ですと往復5時間のアルバイトとなるでしょう。


1台軽が止めてあり登り始めてすぐ、下山するこの2人づれと会います。「今から山頂ですか」と。

2番目の写真ブナの中を登ります、1度丸刈りされているのでしょうか、細い木ばかりで大木はありません。樹林帯ですので湿度が高く頭から汗が噴き出す感じです。
中程で雑木林に変わってから急登となり3番目の写真の稜線分岐点に着き、ここから山頂も見えあと500mの標識も。

先を急ぎます、ここからは笹をかき分けながら進む事になります。笹を掴んで急登を登りやや平らになって笹を漕いでいると4番目の山頂です。残念ながら眺望はありません。

撮影後すぐ下山、降り際樹間から人形山が見えます。

分岐を過ぎると雲の中という感じでガスの中を降ります。5番目の写真、とにかく暑い、木々の中のサウナという感じです。急ですねー。

大笠、笈、この周辺の山への稜線へはガケの様な急登ですねー。

大急ぎでしたが16時過ぎ峠へ戻ります。

0 件のコメント: