Follow by Email

Translate

Translate

2020年8月9日日曜日

8月6日 鋸山アドベンチャーコース

懸案でした鋸山アドベンチャーコースへ伺って来ました。見たかったS字型切通、良かったです。
金谷の笹生精肉店の駐車場へ800円を払って駐車し、着替えて出発します。国道沿いの無料駐車場は閉鎖されています。車力道を進みます。ここも遺構が残っていて楽しい。
道沿いに石垣や整地跡が残っており、飽きさせません。やがて、道の左に「これは登山道ではありません」という札が下がっています。それがアドベンチャーコースの入り口です。道は降って行きます、ここで良いのかという一抹の不安はあります。

辺りを見ながら踏み跡を進んで行きます。石樋(いしとい)の遺構もあります。石材を滑り落したものです。やがてネットで見たトンネルを樹幹越しに見ます。ここで良かったのだと安心しました。
トンネル手前左に石積みがあります。建屋の跡でしょうか。この後ろは石を切り出したのでしょう、すっぱりと切れ落ちています。
トンネルは高さ5m位。前後両方石切り場跡で、掘り進んだ後にトンネルを掘ったのでしょう。トンネル内の窪みに盃があり、神社でも昔はあったのでしょうか。
トンネルを抜けると100m近い石切り跡が続きます。昔は大規模に行われた様です。後で解りましたが、ここを右に石切り跡沿いに降るとS字型切通を抜けた所に出ます。赤テープが真っすぐを示してあり、テープを追って進みます。アドベンチャーコースは赤テープが全部にあり、迷う事はありません。

しばらく進むと深さ10m程のU字谷があり虎ロープが下がっています。ここを降ります。

降りますと右に、S字型切通しです。忽然という感じに現れます。こちら側は5、6m土砂で埋もれています。標識は皆無ですし、U字谷の昇り降りに気を取られていると見逃してしまいます。ネットでも見逃してしまったとありましたね。

いやー、素晴らしいです。写真やビデオをとり楽しみます。ここがハイライトです。
切通しを抜けると、高さ100m近い石切り跡が続きます。トンネルから200m位の距離でしょうか。ここを右に巻いて行くと、切通し上部に行けます。
柵もロープも無いので、気を付けます。
S字型切通しを楽しんだ後、コースを進みます。U字谷を登ってしばらくすると高さ6m位の石壁です。ロープが下がっていますが、上から下までクラックが入っており、平気です。
ずーっと石切り跡が続きます。横に貼り付いて伸びた大木が年月を偲ばせます。
やがてこんな感じの登りが数百m続きます。これは石樋の跡でしょうね。左側は30m切れており落ちたら死ぬ。途中で左に抜けていくと思われる巻き道が2か所ありました。ロープが伸びていましたが、私はそのまま進みました。やがて右の壁が無くなったと思ったら、50m位すっぱりと切れ落ちています。すごい掘り方をしたものです。集積場に切った石が30本位立ててある所を過ぎると山頂稜線上に出ます。
二重山稜になっており、反対側から一般道を来た方の話し声が聞こえます。うるさい位に続く赤テープがこちら側にあるので、樹林の中を進みます。プールで泳いだ様に汗ぐっしょりになります。
 今年3度目の山頂です。カロリーメイトを食べて寛ぎます。大休止のあと小鋸山へ向かいます。

2020年6月30日火曜日

6月28日 鋸山 登頂 元名林道保田側からや

ヤマップの軌跡
 早朝、金谷のセブンイレブンでコーヒーや水を飲んでスマホを閲覧します。雲が低く垂れこめ、顔にポツリと水滴が当たります。登山気分にはならず、観光にする事にします。
金谷港から出港するフェリー

岩屋観音
 岩屋観音や竹岡のトンネルに行っていますと、やがて陽が射す様になり、鋸山に向かう事にします。
国道前の金谷の駐車場は閉鎖されているため、元名バス停を左折元名林道へ向かいます。
立て看板
 館山自動車をくぐった所で車両通行止めの立て看板があり、車を置いて着替えて林道を進みます。
これが今回の結果的な失敗ですが。
鋸山ダム
 直ぐにダムに着きます。
照葉樹の茂った林道

産廃の?積み上げ
 段々に大きく積み上げた、土砂。倒壊した建物、更地等の跡を進みます。
左が林道、右は丸い池へと思います。
 やがて林道はアルミパイプで塞がれています。帰りにに、ここまでワゴン車が入っていました。右端が30cmの高さまでしかないのでオフロードバイクが越えて入って行きました。
高さ20m以上の切通
 林道は左に折れて、立派な切通を通過します。この先に山側が崩れた所があるのですが、修復されており通行止めにする必要はないのですが。

金谷側の閉鎖地点
 林道最高地点にゲートがあり、ここまで金谷側からオフロードバイクが2台来て、戻って行きました。3月のネットでは車も来ていたとありました。
登山道
 ここから鋸山への登山道となり、進んで行きます。2名と会います。その後も数名と行き交います。
直径150m程の池

望遠拡大
 石切り跡か鉱物を掘ったのか、人為的な感じです。手前側の沢が数10m低く、崩れたら大変な事になるでしょうね。

特に何もない尾根筋を進んで3月以来の山頂となります。解除後の土曜とあって続々と登山者が上がってきます。蒸し暑い、何もしなくても座っているだけで汗がしたたり落ちます。
常連と言う大田区からの単独男性がアドベンチャーコースから上がってきます。
「降ってS字型切通へ行きたい」というと、「降りは危険だ、今日は濡れているし」との事。降る事は止めて元来た道を戻ります。
事前のネット情報で小鋸山への道は林道と鋸山の間にあると思っていましたが、林道と登山口の所から100m元名寄りの林道上にあったのです。行きも帰りも気をつけていたのですが、無いはずです。ネットも虚報はありますね、カン違いとも思いますが。
金谷に車を停めなかった事が、要因ですが。
登山道から保田方面の海を
 曇天でしたので写真はきれいではありません。海の色は全然ですね。
小鋸山への標識
帰りに林道で見つけた小鋸山への標識。これでは反対側からは解りませんよねー。
林道をたんたんと降り、車まで戻りました。

保田に泊まって翌日アドベンチャーコースと思っていましたら、土砂降りで帰宅しました。



2020年3月23日月曜日

3月19日 高宕山(たかごやま) 登頂

高宕観音、石造りの仁王像が良い

ネット検索で台風のせいで、あちこち通行止めとなっており、近日に石射太郎(いしいたろう)山からの記録が若干あって私もそうします。
国道に石射太郎山の標識が出ていて右折、一本道終点が登山口で迷う事もありません。
 
駐車場へとめます

着替えていると地元車が来ます。夫婦で着替えて長靴でしたので山菜獲りの様です。

トンネルから先が廃林道、右が登山口です
 雑木林の中を登っていきます。僅かですが杉造林もあります。
採石跡

山頂手前に幾つかの採石跡を見ます。山頂の説明版によると明治時代に盛んに行われ、関東大震災で採石場が損傷して中止となったそうです。右側の階段のとおり、表土が薄く山頂付近は山自体が石でできているのが房総半島は多いですね。

石射太郎山

15分で到着、左の岩峰は柵で入れない様になっています。林業組合解散記念碑がたっています。かっては豊かな森林だったのでしょう、丸刈りにしたのでしょう。大木は1本もありませんでしたから。細い稜線を進んで分岐点に降ります。稜線はほんの僅かで、あとは稜線を右に左に巻いて行く様になります。
降りた所に「三上様」という標識があり、そちらに寄り道します。

灯篭と狛犬
 小さな狛犬があって、上に進みます。3m程の石があって60cm程の洞が置いて有るだけでした。ネット検索では不明でした。
小さな切通も
ここから高宕観音まで小さく稜線を右に左に巻いて行きます。道は良く踏まれ、1本道で迷う事もありません。180度づつの眺望で、平凡な山が連なり飽きてきた頃に高宕観音に到着します。

高宕観音参道
石の仁王像が素敵です、かっては山門もあったのでしょうか。階段の石は新しいです、セメント接着も見えます。この階段の奥に半分程の階段が2本あります。この階段を登った所に大きな新しい灯篭があり、左に行くと天空の岩で社の上に出れます。岩の上手前を左に行くと何とかのテラスです。チンケで行く価値はありません。

簡素な社、トタン屋根が物悲しい
 40mちょっとの崖下にあります。少し奥に引っ込む様に建てられて、奥にコの字型にトンネルが掘られており反対側に出られます。地面に散らばる瓦か陶器の残骸が、昔日を偲ばせます。
特徴の無い山々の景色が続く


社の反対側は岩をくり貫いて有り、登山道となっています。ここら辺の岩は触るとボロボロ崩れるほど柔らかく、簡単に削る事ができるからでしょう。

登山道になってる岩穴の岩、細いです

社の上から50m近い崖壁

何とかのテラス。ちゃっちい。

テラスからの景色

高宕山頂
 社まで戻って高宕山へ向かいます。岩峰状でコンクリの梯子を登ります。山頂は狭く、木も生えて眺望も冴えず、直ぐに下山します。

分岐点へ進むと、高宕大滝へのコースは黄色テープと説明プレートで進入禁止となっています。かまわず進みます。杉造林を200m程登ると雑木林の降りとなります。
薄い表土で岩が出ており階段状になっている所が多い。
明るいコースを振り返る

倒木処理が2カ所あったが、危険な所は全く無く、何故危険通行止めとするのか理解に苦しむ。極めて順調に大滝の立派な林道の所に着きます。

枯れた大滝
杉造林のせいで水は枯れてしまっています。ここから林道を進むと直ぐに廃道となった高宕林道に出ます。

100m近い法面崩落
林道は大規模崩落で埋まっています。うわーっと思いますが、多くの人が歩いたのでしょう、しっかりした道が出来ており、難なく通過できます。
ただ、崩落は10っか所以上あり、ヘルメットができればあった方が良いでしょう。

5m位の倒木
5m以上の高さの倒木ですが、チェーンソーでカットされており、難なく通過できます。

素掘りのトンネル

ほとんど水の無い高宕川沿いを進む、振り返って写す

川廻しのトンネル、高さ4、5m
やがて川は左に曲がって離れていきます。しかし、進むと深い右の崖下から水の流れる音がします。戻って10m程下の河原に降ります。振り返ると川廻しのトンネルが。大きいです。これは南房総の山中に良く見られる川廻しのトンネルです。これで水路を変えているのです、江戸時代後半から作られ、最近は農溝の滝が観光地で有名となりました。

林道に戻って進み、素掘りトンネルを2つ、最後の高宕第1トンネルを通過すると駐車場です。車も7台に増えて地元の方にはハイキングコースとして親しまれている様です。
高宕観音と廃林道は面白かったですね、予想外で。
着替えて、金谷へ行って昼食をとり、東京へ戻りました。