Follow by Email

Translate

Translate

2019年8月30日金曜日

8月26日 神津島天上山 登頂


久方振りの山と船旅です。前夜、さるびあ丸で竹芝を出発。東側の多幸湾に着きます。港が2つあり、潮流の関係で選ぶため神津島は欠航が少ないとの事。
宿の迎えで、宿に行って朝食をとってから黒島登山口まで送ってもらいます。

黒島登山道から集落を

黒島登山口からは、50cmに満たないシダに覆われており、常時眺望があります。海と山頂を見ながら登っていきます。直射日光も強烈です。
道と標識は全般に、良く整備されて危ない所もありません。1合事に標識も立っています。
10合目から黒島ピークを
 40分程で10合目の山頂台地に到着します。小さなピークが何十もあり、火口跡も多く眺望が常時変わっていき、飽きさせません。
千代池を俯瞰
 石塁跡を見て、千代池に向かいます。ピークが並び岩が散らばっているのは、屋久島のミニチュア版といった趣きです。
黒島ピークから崩壊地と白岩ピークを
 千代池から戻って黒島ピークへ向かいます。それぞれのピークは小さく、直ぐに到着します。
黒島ピークから南側を
 黒島ピークから南側を見ますと、西側の前浜と東側の多幸湾の二つの港を望めます。奥の平らな所が飛行場です。

黒島ピークから戻って、直ぐに表砂漠に着きます。ザックを置いて最高点へ向かいます。
最初にある写真の最高点へ15分位で着きます。コガネムシが多い。
表砂漠から裏砂漠へ向かいます。
裏砂漠
 地元の方は「裏砂漠が1番良い」と言っていました。表砂漠は半分位、草が生えていますからね。
裏砂漠を振り返る
裏砂漠を通って東端にある裏砂漠展望台へ着いた所で、昼食とします。宿が作ってくれた小さなおにぎり3個です。
青空と強烈な陽射しはここまで、急激にガスがわいてきます。もう真っ白な感じです。

ガスの中を新東京百景へ到着しますが、全く視界はありません。先に進みます。

不動池
 そして、「えーっ」ていう感じで、突然に不動池が現れます。直径40m程の輝く苔の中央にこんもりとした小山があります。
これは人工物で高さ1m程の石垣を積んで、石橋を渡った所に石のお堂があります。
草木が伸び放題なので、小山に見えるのです。冬は半分位に枯れていますね。

この不動池が映画「天気の子」の中でモデルとなったため、観光客が突然増えて地元の方も驚いていましたね。30m離れた所に70cm位の不動さんがありました。

入らずの沢
 ガスの中をババ池を通って白岩コースへ向かいます。
整備された白岩登山口上部

崩壊地の北側の、まるで観光地の様に整備された登山道を降って行きます
たんたんと降って行くと林道に出ます。軽のレンタカーが停まっています。「歩いて
下山される方は、林道は遠回りになるので登山道を下山してください」と標識があり10m程の高さのこんもりした樹林帯の中を下山していきます
白岩登山口へ到着してから舗装された車道歩きとなります。今宵の宿へ向かいました


 
 


2019年4月3日水曜日

4月2日 桜それぞれ

里見公園
 桜の季節ですが、今年は特に寒いですね。隅田川は寒くて、早々に退散しました。天気も曇天が多いですね。
千葉県市川市の里見公園と隅田川の物をアップします。

里見公園は4月2日火曜日でした。平日で人は少なかったですね。


年々、樹勢も衰えて枝ぶりも少なくなっていますが、どこも若木を植えるとかは無いのですね。大木を持ってきて植えるのでしょうか。


県道から公園までの並木ですが枯れたのも幾つもあります。20年前はもっと枝ぶりもありました。




曇天ですと太陽光線も少なく、空も青くないので写真はきれいではありませんね。



これから下は隅田川です。平日で非常に寒く、人は少なかったですね。



橋は言問橋(ことといばし)です。屋形船も出ていますね。




隅田川の桜は東京でもトップレベルですね。広い川沿いというのも良いですよね。



さくら橋たもとでは墨堤組合がお茶出しをしていましたね。



2019年3月24日日曜日

3月24日 日本酒

楽器正宗
 日本酒の輸出も数倍に伸びて、代替わりした地方の酒蔵も盛況です。
とても美味しくなり、昔の様な臭みも無くなりました。
楽器正宗の裏ラベル
 東京都江戸川区南小岩のある居酒屋、「六人衆」に置いてある日本酒です。安価でいろいろと楽しむ事ができます。何時もお任せしているので新しく入荷した物や、季節の物を出して頂けます。

 三春の滝桜を思い出します。私には日本一の木と思います。松尾芭蕉も行っています、行かれたことのない方には、是非お薦めです。
あっ、このお酒も美味しかったですよ。

栃木県さくら市の酒蔵、美味しい


桃色は赤色酵母を使用しているから。にごり酒です


冷酒は換気扇付きの専用冷蔵庫で保管

新政はカタカナや記号も




日本酒はほんとうに美味しくなりました。週に3回位、楽しんでいます。

2019年2月24日日曜日

2月24日 浮世絵 「江戸の園芸熱」Ⅱ

「流行菊花揃」歌川芳虎
(象の形に仕立てた菊細工)
 塩とたばこの博物館で開催中の「江戸の園芸熱」が19日に展示替えされたので再訪してきました。藍色が少ない地味な絵ばかりでしたが、精緻、細密さはうかがえます。
「梅幸住居雪の景」歌川国貞(三代歌川豊国)

「四季花くらべの内 秋」三代歌川豊国

「五代目松本幸四郎の福寿草売り」歌川国貞(三代歌川豊国)
 常設の塩の展示室では世界の岩塩が見られます。入場料100円も良いですね。
塩とたばこの博物館はお薦めです。
「普賢像 御殿山」喜多川歌麿
 駐車場はありません、東武線スカイツリー駅から徒歩8分です。
「浅草奥山四季花園入口光景 其一」三代歌川豊国

「菊の細工物」歌川豊国

2019年2月14日木曜日

2月14日 千葉県立美術館 具象彫刻展

高村光太郎 十和田の婦人
 千葉県立美術館で開催中の具象彫刻展に伺って来ました。高村光太郎の作品が目立ちました。宮坂慎司氏がメインで、講演も2回予定されています。
宮坂慎司 甘雨

舟越保武 婦人象

小倉惣次郎 伊藤博文象
 私は併設の佐倉出身の浅井忠の風景画も好きです。千葉県出身なので千葉県立美術館にも所蔵が多いです。明治時代にフランスに国費留学していますね。
浅井忠 小丹波村

コロー ナポリ近郊の思い出
バルビゾン派の所蔵もあって、数点公開されていました。