Follow by Email

Translate

Translate

2017年11月8日水曜日

11月4日 日光散策

半月山展望台から
 ミシュランタイヤの皮むきも兼ねて、3日夕方から日光に伺って来ました。
中禅寺の先の半月山への道のゲートは7時開門です。6時過ぎから車が並び、私も6番目に並びました。
終点の半月山駐車場手前道路脇に男体山展望台もあり、こちら目当ての方も多いです。
半月山展望台は駐車場から20分程、山を登らなければならないからです。でも、ここからの眺望は日光一でしょうか。八丁出島が造形美を添えてくれます。
紅葉は終わっていましたが素敵な景色です。続々と人が上がってきます。
駐車場から皇海山
 駐車場からの袈裟丸連峰も素敵です。10月は天候が悪く、登山は出来ませんでしたね。
男体山展望台から
 男体山展望台へ寄りますと、もう雲がかかって来ました。この後、曇天となり、山々には雲がかかってしまいました。
中禅寺の先へ戻り朝食とします。その後、西ノ湖へ向かうため赤沼駐車場へ向かいます。
一般車は入れず、低公害バスに乗り換えるためです。
戦場ヶ原界隈は人で溢れていますが、西ノ湖や千寿ケ原へ向かう方は僅少です。


バスは落葉した林の中の細い道を進んでいきます。西ノ湖入り口で下車、湖に向かいます。他に5人の観光客も下車します。

平らな林道を進んでいくと赤岩滝との分岐となります。この滝も素敵だそうです、来年行ってみたいと思います。
西ノ湖
 20分程で西ノ湖に着きます。湖は水位がとても上がっており岸辺の木々も水に浸かっています。
前回は行かなかった西が浜へ向かうため、右手に進みます。「関係者以外立入禁止」のプレートがかかっていますが、自己責任で林道を進んでいきます。
一直線の林道
 山裾を巻いて、平らで真っ直ぐな林道を行きます。

直ぐに西ヶ浜への標識があります、西ヶ浜へ向かいます。

晩秋の景色の西ヶ浜へ、水はとても綺麗です。湧き水らしく盛んに気泡が上がります。

 草は枯れ、水位が上がっています。木々も水に浸かっています。晴れていれば左に男体山が見えるはずです。
しばらく景色を楽しんだ後、分岐まで戻り林道を先へと進みます。

やはり・・。 倒木や伐採木が散らばる放棄造林があります。


バス停方面へ戻り、手前から中禅寺湖西岸の千手が浜へ落葉したブナ林の中を進みます。
一面を覆っていたシロヨメナも全て枯れています。
中禅寺湖手前で、男体山が雲に覆われて見えないため、左に曲ってバス停へ向かいます。
バスの時間まで1時間近くあるため、道路を西ノ湖入り口バス停まで歩きます。

12時47分のバスに乗り、時間もあるので小田代ヶ原で下車し赤沼車庫まで歩きました。30分位でしょうか、若い中国人のカップル数組に。駐車場では湘南NO.のレンタカーの中国人にも。


ポツリポツリと雨が落ちましたが、何とか赤沼までは持ってくれました。赤沼の売店で昼食後に東京へ戻りました、大渋滞の東北道、首都高を。

0 件のコメント: