Follow by Email

Translate

Translate

2010年7月21日水曜日

7月18日 雲の平、夢の平へ

























2900mの野口五郎小屋は夜は0度近くまで下がります、前夜、食後外で歯を磨いていたら手が痛い位冷えてしまいました。起きると風邪か、具合が悪く食事もとれません。横になって遅れて出発しました。快晴です、素晴らしい景色、写真もほんとうに奇麗。
1番目は小屋から富士、断念して帰宅とも考えましたが、とろとろ歩いていると体調も回復しました。
2番目は東沢乗越から槍、3番目は赤牛稜線、立山。4番目は水晶小屋から黒部五郎、真ん中に伸びる雪渓を祖父岳へ向かいます。なかなかの眺望です。撮影後、雪渓と木道の上を雲の平小屋へ向かいますが、改装中で給水と昼食はアウト。
小屋番と話しますが、「花は雪渓が溶けるとやや咲くが、わずか」との事。

うーーん、ネットでは「花畑がきれい」また多くの「雲の平」でテントを張りたいという意見があり期待していたのですが、がっかりでした。やはり「百聞は一見にしかず」でした。確かに周囲は名だたる山々に囲まれていますが、幕営ならもっと素敵な所を知っています。

そこから高天原山荘へ向かいます、凄い降りです。10mのはしごが3段、グングン高度を下げます。16時山荘へ着きます、3連休のせいか多くの宿泊客、ここは水は使い放題。たっぷり飲んで5番目の写真の竜晶池へ、ここは素敵、山の黄緑、ツガの深緑、空の青と調和し素敵な景色です、お薦めですね、露天風呂から15分です。

戻って秘湯へ入浴、体も洗ってさっぱり。小屋へ戻り缶ビールを飲み18時の2順目の食事を待ちます。水が使い放題の小屋だけあって、おかずは別にして炊き立てのご飯はとても美味しい。

皆、温泉目当てですが、ただ雲の平から下り2時間半、戻りが3時間半ですから遠いですよーー。

0 件のコメント: