Follow by Email

Translate

Translate

2018年3月4日日曜日

3月3日 富山(とみさん) 登頂

伊予が岳からの富山
 前日に館山自動車道君津PAで車中泊し、富山IC下車セブンイレブンで朝食とコーヒー。寒くて新聞を読んだり、コーヒーでウダウダします。
程よいところで、県道に入り富山へ向かいます。
福満寺
 無料駐車場の看板は小さく、福満寺も奥に引っ込んでおり通り過ぎてしまい、戻ります。
館山自動車のガードをくぐって、直ぐの所でした。
着替えて8時出発します。10分で小さな福満寺、スマホのジオグラフィカにキャッシュを読み込ませます。今回から使いましたがなかなか良さそうです。
今のスマホのGPSは専用機より優れているとの情報もあります。
寺の右へ舗装された林道を進みます。
房総の照葉樹の森を進む
 陽射しの差し込む明るい照葉樹の中を進みます。3合目から土の道となります。
館山方面
 やがて視界が開け、南東方面を一望。館山湾越しに街並みが。山々が連なる東側には太平洋も望めます。
仁王杉
 直径1m、高さ15m程の杉に着くと南峰への標識。左の石段の上にお堂が。
粗末なお堂

藪の中のお墓
 人工的に広い跡地には墓や遺物があり、かってはここに寺社があった事を偲ばせます。
灯篭と水盤
 最高点には電波塔施設があり藪で、お堂の方からは行けない様になっています。

北峰へ進みます、直ぐに鞍部へ。南の眺望がありますが、何と車道が来ているのです。
艶消しですねー。この鞍部に伏姫からの道が合流します。同時、車道が伊予が岳へのコースです。
鞍部からは直ぐに北峰となります、広い平地に7m程の木製展望台や皇太子夫妻の記念碑、テーブルやベンチが並びます。男性が食事中です。
南西側、浦賀水道
 展望台から浦賀水道を挟んで横須賀。左奥に伊豆半島、富士山。
すぐ下に岩井の街並み、奥に館山湾。更に奥には伊豆の島々
 展望台からは結構な眺望です。写真を写したあと鞍部に戻ります。伏姫方面へ下ります。単独2名と行き交います。

 中腹まで降りますと、何と大型ダンプが通行できる舗装道路に。カブも停めてあります。普通乗用車も数台停めれます。
ここからアスファルト歩きとなります、巨大な砂防ダムが。

20人以上のツアーとすれ違います。後で伊予が岳で会うことになる千葉市からのツアーだそうです。
駐車場へ戻り、着替えて金谷の船主(ふなおさ)さんへ向かいます。
黄金鰺
金谷までが東京湾、内湾であり、隣の保田は外海となります。魚は内湾の方が美味しく、金谷の鰺は黄金鰺と呼ばれ有名です。
一時、金谷射撃場へ通っていた頃は、よく船主さんへ伺いましたね。
鋸山等の観光地やフェリー発着場がある金谷は大賑わいです。食事後、伊予が岳へ向かいます。


0 件のコメント: