Follow by Email

Translate

Translate

2011年12月31日土曜日

パソコンの自作















7年前に自作したXPパソコンのCドライブがいっぱいになって来ました。ビジネス用のサブに、あるソフトを使用するときだけですから頻度は月に何回かで少なかったのですが、オフィスを2010にVUするとCドライブの空容量が15%を切ってしまいました。当時クレバリ-で13万幾らの部品代で最上位スペックでした。HDの寿命は5年といわれています、他の部品の事もあります。今現在までトラブルも無く快調ですが、選手交代としました。

免停で足が無いので、元旦に自作しようと思い、午後から秋葉に出掛けました。歩くのも滞る程の人出です、外人が多い。
予め決めて置いた部品を書き留めたメモを満員電車状態のドスパラパーツ館の店員に渡し、そろえてもらいます。CPUはAMDのFX下位の物を予定していましたが、「性能ダンチです」との事でインテルのCore i5にします。同時マザーボードもソケットの関係でASUSのP8に変更となります。メモリはドスパラさんの4Gx2、OSは7の64ビット、パーソナルのバンドル品。HDはウエスタンデシタルの7200回転500GB、私は録画するわけでは無いので大容量は必要ないのです。HDは7200回転が主流になって来ました。今は高速を望む方はSSDがありますからね。電源は玄人志向630W/85+。ケースはZALMAN、でかい。メッシュ部分が多く最初から12cmファンが4つ付いています。Core i5は低発熱ですが、i7、AMD最上位は凄い発熱量ですからね。
地デジチューナーを加えて8万円でした。モニターやキーボードは持っている物を使用します。

性能のアップに比例して部品も大きくなっていますね、マザーボードは前の自作の時の倍位の大きさです30x25cm。PC関係は価格は下がりコストパフォーマンスは上がっています、凄いくらい。
ゲームを行わないのであれば十分すぎるスペックです。





0 件のコメント: