Follow by Email

Translate

Translate

2011年7月19日火曜日

7月16日 乳頭山 登頂

田代平を俯瞰、中央に小屋

下りのブナ林




キスゲの花

山頂を見上げる、

田代平のしゃくなげ















3連休は秋田へ出掛けました。
田沢湖を通り乳頭温泉黒湯へ向かいます。黒塗りの建物横を通り川沿いに登ります。やがて源泉噴出場を通り一本松沢で川を渡ると一本松温泉跡です。今は枯れてほんの少しだけ湧いています。
ここから樹林帯を登るのですが、夜中に雨が降ったらしく無風高湿度。汗ぐっしょりのバテバテに、熱中症になるかと思う程でした。
汗ぐっしょりなのにのどが乾かないのですよ。


標高1000mから笹と低い灌木の稜線となり、やっと涼しくなります。ここから頂上まではずっと眺望を楽しむことができます。
田代平の池塘

標高1350mの稜線、右上に田沢湖スキー場
やがて田代平と小屋が見えてきます。この辺からキスゲの花が迎えてくれます。結構多く和ませてくれます。そして乳頭の名前のとおりの山頂が見えてきます。田代平コースと合流するとやがて池塘っぽい花畑となりキスゲの花が咲き、来て良かったと思わせてくれます。ゆるい登りが終わると山頂です、残念ながらガスに覆われ駒ヶ岳方面は全く見えず、すぐに辞します。
下山するとガスが晴れ気味となり写真を写します。田代平コース合流点で秋田市からの方とお話しすると、田代平からのコースを降りると黒湯の隣の孫六温泉に出る、歩いてもすぐなので、その方が良いと教えて頂き黒湯往復の予定でしたが田代平へ向かいます。
これが大正解で、池塘の花々を楽しむことが出来ました。

黒湯コースと違い灌木の稜線は無く、写真の池塘が終わるとすぐ樹林帯の荒れた道を下降する事になります。やがて平らな稜線といったブナ林、これが30m近い大木で見事なものです。

孫六温泉に降り黒湯の駐車場まで4、500mですか、戻ります、13時。

着替えて時間は有るので「たつこ像」を見て抱返し渓谷へ回顧(みかえり)の滝を見に行きます。

17時半、田沢湖ロッジに投宿します。

0 件のコメント: